労働安全衛生方針

日本アエロジル株式会社は、労働災害の潜在的危険性を低減するとともに従業員の健康増進及び快適職場形成の促進を図るため、労働安全衛生活動を次の通り推進する。

安全と健康の確保は、良好なコミュニケーションのもとに実現されるとの認識に立ち、従業員との協議を尊重する。

関連する安全衛生関係諸法令及び工場が同意するその他の要求事項、並びに当工場において定めた安全衛生規程等を遵守する。

  1. 工場の労働安全衛生マネジメントシステムを適切に実施するとともに改善に努める。
  2. 安全衛生の確保を推進するため、体制を整備し、内部監査を実施する。
  3. 事業活動の全ての領域で、危険性、有害性の事前評価を徹底する。
  4. 化学物質の安全な取扱いを徹底する。
  5. 全従業員に対し、安全衛生確保に必要な教育・訓練を徹底する。
  6. 安全衛生に関する新手法、新技術の開発、導入に努める。
  7. 安全衛生の重要性並びに本方針を広報、会議、掲示等で従業員に周知し、意識の向上を図る。
  8. 本方針の実行に当っては適切な経営資源を投入し、効果的な改善を継続的に実施する。